Wifiを自宅に設置するなら住環境を考えて

インターネットは今は大半が光回線などブロードバンドでの回線使用となってますが、自宅で自由にパソコンなどどこでも使えるようにするためには無線LANであるWifiの存在が欠かせません。



そのWifiを自宅で使用する場合、光回線だとモデムに相当するONU装置に無線LANであるWifiを有線でつないで、それをパソコンなどと無線で接続するのが一般的なやり方です。



ただしこれだと装置を屋外に持ち歩くことはできないので、自宅でしか使用はできません。ただ無線や回線自体はほぼ安定して使用可能です。


一方でWifiではこれとは別のやり方も存在します。

それはWIMAXのように小型の端末だけを所有して、それをパソコンやスマホなどと無線接続するやり方です。

このWIMAXのような方法の利点は、自宅の建物に電話回線を敷設利用しないで済ませることができます。また装置自体も小型軽量で持ち運び可能で、電源は電池で稼働しているので、屋外利用も可能です。



従いまして屋外でも自宅でもどんどんインターネットをしたい人には、WIMAXのような装置を契約したほうが得策といえるかもしれません。
しかしこの場合も無線の電波自体は屋外のどこからか飛んできているので、それを拾う必要があります。建物の内部だと場所によっては電波を拾えないか、拾えても弱くて速度が遅くなるなどの懸念があります。

そんなときは窓の近くに端末を置くなどする装置の置き場所を工夫しなければならなくなります。