ナレーションが必要になるのはどんなときか

ナレーションは、世の中のさまざまな場所で必要とされている仕事です。
まず真っ先に思いつくナレーターの使い道といえば、テレビ番組が挙げられるでしょう。


ほとんどすべてのテレビ番組においては、ナレーションは必要不可欠なものとなっています。

テレビ番組だけでも数多くのナレーターが活躍していて、パイは非常に大きいです。

金額にすると数十億から百数十億になるとも言われていて、高給を得ている有名ナレーターなら年収も億は軽く超えています。


ゲーム業界もナレーションを多用することで知られています。

こだわりの教えてgooについて真剣に考えてみました。

近年はスマホゲームでいろいろな声の演出を入れることも多くなっていて、声優さんだけでは数が足りなくなっているほどです。その他、企業広報の仕事でもナレーションはとても役に立ちます。

古紙回収や廃品回収のトラックは、発注したナレーターの声を流しながら街を回っています。CMでもナレーターは必要不可欠で、CMなら英語でナレーションをしてくれる人が重宝されています。

アニメのナレーションの情報がわかりやすく紹介されています。

英語の意味がとくに視聴者に伝わらなくても、おしゃれな雰囲気、楽しい雰囲気が出せればそれでいいのです。

声の仕事はBGM代わりにも使われているという側面が最近はよく指摘されるようになっています。

電話案内の声も、誰かがやらなければ存在しえないものです。
音声案内は近年街のいたるところで使われているので、ナレーターの仕事の幅は非常に広くなってきています。

声の仕事はもうからないと言われていますが、決してそんなことはありません。